八ヶ岳の美味しいお蕎麦屋さん、傍(かたわら)。

Out of Tokyo

「100年以上前に建てられた蔵と
先祖代々伝わる農地を
この先もずっと傍らで守り
後世に継承していきたいという想いから
私たちの事業は始まりました。」

こんなコンセプトのお蕎麦屋さんが、八ヶ岳の原村(住所的には茅野市になる)にある。
八ヶ岳に移住した人の定期的な取材のついでに、美味しものやさんに寄るようにしているが、今回はこの御店に寄ってみた。

大切な農地と蔵を守り無農薬野菜とそばが基本メニュー。オーナー自ら育てた農薬・化学肥料不使用の野菜プレートがセットになっているそばのセットがお勧め。
そばは八ヶ岳産の一番粉を中心とした白蕎麦と、挽きぐるみの黒蕎麦の2種類が出てくる。そして面白いのが普通のそば汁の他に、トマトのつけ汁まで出てくる。2種類の蕎麦汁が楽しめるのも独創的だ。
コンセプトにある、Apple Noodleというのも、トマトが好きなオーナーなんだと感じさせる。

茅野市街にあるフレンチレストラン「ディ・モア」のオーナーさんのお子さん夫妻が始めたお店で、近くにはジェラードのお店やパン屋さんもあり、ランチなどに立ち寄るにはちょうどいいスポット。

傍(かたわら)のフェイスブックページはこちら。
IMG_4517
IMG_4512
IMG_4514

蕎麦も2種類出てくる。白と黒。(写真ではちょっと分かりにくいけど)IMG_4511自家製無農薬野菜のプレート。
IMG_4513蕎麦麦汁が2種類出てくるのが面白い。左がトマトのつけ汁。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました