ポケモンGo!はIngressのプラットフォームだね。

Tokyo Walk

突然、今日から始まったポケモンGO!
さっそくアプリをインストールして試してみると、数年前にリリースされたIngressのプラットフォームを使っているようだ。
Ingressは世界中でブルーとグリーンの二つのチームに分かれてアイテムを探し歩き、時々相手と対戦するGPSゲームで、地方の町興しのツールとして自治体が観光客誘致で使ったりしたことがあった。みんなスマホを片手に街を歩き回るのはいいけど、目的はアイテムゲットだけになりがちで、町のことも観光して欲しい、お土産も買って欲しい、飲食店にも立ち寄って欲しい、そんなニーズが置き去りになってしまうので、なかなかメジャーなヒットにはならなかったのかもしれない。この時もちょっと試してみたけど、今のGPSの精度はすごいもので、1メートル単位で追随してくるし、6軸ジャイロセンサーの効果も凄まじく、自分の向いている方角まできちんとトレースされていた。
これは軍事技術そのもので、海の向こうで行われている戦争と同じ技術が片手のスマホの中で稼働している、そんな気持ちだった。
ま、この週末、都内だけではなく日本全国で大変なうろつき現象が見られるんだろうけど、気をつけて遊んで欲しい。自宅に篭もるんではなく外に出歩くのはまだいいことだしね。
IMG_6667
IMG_6669
IMG_6680
IMG_6679
IMG_6678
IMG_6676

こちらがIngressの画面。Ingressのアイテム同じポイントにポケモンボールをゲットできるステーションがあるので、Ingressの経験のある人は同じスポットへ行ってみれば必ず見つかるはず。野生のポケモンは歩いているとぞろぞろ出てくるので、歩きながらスマホは止められない。これはちょっと規制が必要になるかもね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました