Out of Tokyo

広島銘菓、長崎堂のバターケーキ。

広島みやげといえば、何はさておき「もみじ饅頭」が有名。
その他には「平家物語」や「川通り餅」など、どれも甘い和菓子が人気。
でも、最近知ったのがこのバターケーキ。
広島在住の大先輩が持って来てくれました。
恥ずかしながら広島へは何度も行っている身でありながら、初めての味。
聞けば、毎朝お店の前に行列ができていて、午前中には売り切れごめんになってしまうとのこと。
よって、百貨店などにも出さずに、長年自分のお店だけで販売してきた銘品らしい。
だから東京では見かけることもなく、広島市内や空港でも見かけることもなかった。

戦後間もない頃、初代店主が長崎で「カステーラ」の製法を学んで、そこに工夫を凝らして作り始めたのが、今でも続いている「バターケーキ」です。

お店は広島市内の並木通り近くにある「長崎堂」。
日曜日が定休日で朝9時に開店。売り切れと同時に閉店とのこと。ホームページでも通販申し込みを受け付けているので、確実にいただくにはその方がお勧めです。

ちょっと濃い目のブラックコーヒーと一緒に午後のティータイムにピッタリです。

IMG_3152

IMG_3151

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です