ペッパーの弟分、アルデバラン君もいた。

先日立ち寄ったソフトバンクショップで会ったペッパー君。
実は弟分のロボット、アルデバラン君もいた。
こちらはフランスのロボット開発会社の展示コーナーで、プログラム開発画面も公開していた。
面白いのは、ソフトウェアを誰でも開発できるように、SDK(ソフトウェア・デベロップメント・キット)の配布が予定されていること。それと、プログラミング画面も公開中で、コードやプログラム言語に触ることなく見た感じで直感的に操作できるGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)を採用している。
すでに、コードを書かなくてもプログラムを開発できる環境が当たり前になっている時代背景は、誰でも簡単にソフトウェアを開発できる、ひと昔からすれば夢のような時代だ。
アプリ開発もそうだし、WEBサイトの構築も今では簡単にできる。
そもそもロボットの誕生は日々の生活のルーチンワークを合理的にするのが目的なので、このSDKとGUIはとても重要なポイントだ。

昨日から「ペッパー君」での検索がグンと伸びていたので、今日はペッパージュニアのネタでした。

IMG_2049

デスクトップサイズのアルデバラン君

IMG_2051

こちらがプログラム中の画面

IMG_2050

ノートブックと比べるとこんなサイズ

2014-08-13 | Posted in Tokyo NiceNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment