藍染をしてくれるというので、世田谷のD&Dへ。

先週のメルマガで、藍染を受け付けるとあったので、クルマの初回点検のついでに九品仏のD&Dに寄ってみた。
とりあえず話しを聞いてみたところ、履き古したジーンズでも受け付けるという。ただし、高温のお湯に晒すので、腰のところに付いている皮のラベルが縮んでしまうので、予め取り外しておいたほうがいいという。
で、丸ごとどぶ漬けで染めてしまうので、ポケットの記事も糸もすべて藍染になってしまうらしい。
預かってから3ヶ月。7,000円だそうだ。
私は履き古して色落ちしたジーンズはあまり好きではないので、代官山のオムニゴッドで染めてもらえないのか聞いてみたことがあるが、残念ながら「うちではやってません」とのこと。ジーンズは藍染ではなくて、インディゴ染だから、まあ無理もない。で、タイミングよくD&Dからのメルマガで藍染の案内が来たので、やっぱりこんな需要はあるんだと思った次第。どのくらいの注文があるのか分からないけど。

2017-01-09 | Posted in Tokyo NiceNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment