吉田秀樹さんの思い出。

1991年、ユーノスから500というセダンが発表された。その美しい曲面を表現するために、無謀とは分かっていたけど吉田さんにお願いしたら、描いてくれた。その頃は毎年何度かパリに行っていたので写真家の 永嶋 勝美 (Katsumi Nagashima)さんに紹介いただき、吉田さんのアトリエを訪れた。その時の絵がこれ。
1997年、セイコーエプソンからインクジェットプリンターで写真と絵の画集を作るという企画が写真家の 小川 義文 (Yoshifumi Ogawa)さんからあった。その時の貴重な画集が1冊だけ手元にあった。
口数の少ない吉田さんのどこからこれほど美しい絵が描き出されるのか、本当にゴッドハンドな方だった。吉田さん、安らかにお眠りください。

2019-09-05 | Posted in AD WorkNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment