Tokyo Culture

アナログ。

ほぼ全ページ、漫才の笑いのネタが散りばめられているのは、さすがにビートたけし。
あっという間に読んだけど、これなら私も芥川賞狙うか、そんな気分にさせてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。