アナログ。

ほぼ全ページ、漫才の笑いのネタが散りばめられているのは、さすがにビートたけし。
あっという間に読んだけど、これなら私も芥川賞狙うか、そんな気分にさせてくれる。

2017-09-22 | Posted in Tokyo CultureNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment