Tokyo Culture

女性作家、2冊。

雨の日が多いので、晴耕雨読。
最近読んだ2冊の本。
いずれも女性作家で、お二人にも時々お会いする機会があった。
谷村さんの「大沼ワルツ」はその設定がすごい。実話を基にしたとあるが、すごい。
絲山さんの「薄情」はちょっと読むのをためらうようなタイトルだけど、舞台が地元群馬ということもあり、描写される風景を想像しながら読むのが楽しかった。

img_7644

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です