Tokyo Walk

初めての深大寺そば。雀のお宿。

名前は知っていたけど行ったことのない場所、深大寺もそのひとつ。
息子の暮らす小金井に行く時に「深大寺入り口」という標識をいつも見ていたので、この辺りなんだとは分かっていたけど、なかなかその交差点を曲がることもなく、立ち寄ったこともなかった。FB友達のKさんがお蕎麦を食べに行ったという投稿を見て、先週末の日曜日、早速出かけてみた。
「天台宗別格本山浮岳山昌楽院深大寺」という名が正式な名前のようだが、歴史のある天台宗のお寺だ。
別格本山とは、本家の比叡山延暦寺に次ぐお寺さん。
浮岳とは、遥か遠くから見えるので目印にされていたということ。
深大寺とは、そもそもが水の神さまだが、今では縁結びの神様として人気。
奈良時代の733年に開かれたとある。

お寺さんもいいが、人気は深大寺境内に並ぶお蕎麦屋さん。
江戸時代にこの辺りはお米が採れないので蕎麦を蒔いて蕎麦を作り始めたら、徳川将軍が鷹狩の時に立ち寄って蕎麦を食べたところたいそうおいしくて人気になったとか言われています。
で、どこへ入ればいいのか分からないので、お友達お勧めのお店「雀のお宿」へ。
今ではこの付近で蕎麦を作っているわけでもなく、それぞれのお店が仕入れているので、信州産もあれば輸入品もあるのかもしれない。
参道にはお団子やおまんじゅうを売っているお店も並び、ちょっとした観光気分にさせてくれる。
世田谷から30分もかからずこんなところがあるなんて、まだまだ東京は面白い。

IMG_4428
IMG_4427
IMG_4429
IMG_4438
IMG_4440
IMG_4441
IMG_4439
IMG_4444

IMG_4446

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です