進化が凄い、Adobe Shape CC。

AD Work

日常的にアドビのアプリを使用しているけど、いつの間にかこんなに進化しているとは。
最近、CCへのアップデートの案内がよく来るが、ノートはサブマシンなのでCCにしているが、メインのデスクトップのマシンはOSの都合上まだCCに対応していないバージョンなので、CS6を日常は使用している。そのせいか、よくCCへのアップグレードの案内が来る。
で、何気なく案内を見ていると、スマホに対応したモバイル版も結構種類が出ていて、同一のアカウントでインストールできるので、iPhoneにテキトーにインストールした中で、Shapeってのを起動してみた。
これが凄い。写真を撮れば、それがそのままベクターファイルに変換できる。つまり写真のイメージをほぼ瞬間的にオートトレースできるというイメージ。
しかも無料、というかCCの年間契約料でほぼすべてのアプリが利用できる。デスクトップとスマホを同期させれば、出先で見つけた被写体をカメラに収め、電車の中でShapeでオートトーレースして、事務所に戻ったらイラレで開くことがシームレスにできる。よく知ればほんとに便利なんだと驚いた。

長年使用しているほど、昔ながらの手間のかかる作業を繰り返しているクリエイターの方が多いと思うけど、時々は最新の機能をよく学んだ方がいい。切り抜きとか、画像補正とか、ホント簡単になった。

IMG_2218グラサンをスマホ(iPhone)で撮る。
IMG_2249Shapeで開くと、こんな感じに。これがそのままベクターファイルになってる。
img-adobeshape

コメント

タイトルとURLをコピーしました