銀座をぶらぶらして分かること。

Tokyo Walk

先日、久しぶりに休日の銀座をぶらぶらした。
海外からの、特にアジアからの来日客がとても多い。
気がついたのは、改装が終わったソニープラザビルとアップルストアの違い。
昔は数寄屋橋交差点前のソニープラザに彼女と行くことがかっこいいとされていた。
そこで可愛らしいモノを見つけて彼女にプレゼントすればOKという風潮があった。
しかし、改装して綺麗になったにも関わらず、ソニービルにはほとんど人がいない。
それに対してアップルストアはものすごい数の人がぎっしり詰まっている。
これだけの人がごちゃまぜになっていたら、一体どれだけのトラブルがあるのだろうと心配になるくらいの密集度。
この違いを見るだけで、ソニーとアップルの今の差が歴然とする。
20代の頃は家電品やオーディオはソニーが最も高く、値引きもせずに持ちたいブランドに違いはなかった。
ビデオテープもベータの方が圧倒的に容量が小さいのでよかった。少数派だったが、我々はソニーを選んでいた。
しかし、今は赤字続きで日本の家電メーカー衰退の象徴になっている。
パナソニックは何とか盛り返そうとしているが、ソニーの未来はいったいどうなることなのか。
我々、かつてソニーファンだった人間が、一番ソニー製品を買わなければ、未来のソニーはないのだろう。
でも、欲しくなるモノがない。コンデジαでも買うかな。30万円くらいするけど。

IMG_2783

コメント

タイトルとURLをコピーしました