映画の2本立て

予報は雨だったので、今日は映画の日。
公開間もない2本。
どちらもよかった。特にフォードvsフェラーリは1966年のル・マンを描いた史実に基づいた脚本で、撮影も実際のレーシングカーをリアルで撮影しているので、音声も含めて大変な迫力。すべてがVFXになってしまった最近の映画とは違うのが嬉しかった。

2020-01-12 | Posted in Tokyo CultureNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment