台風24号、野菜が壊滅。

今回の台風24号。
昭和34年の時の伊勢湾台風に似たコースで、九州沖から四国沖、和歌山に上陸後関東地方を突き抜けて東北へ抜けていったが、昨日の夜は以外にも静かだったので、大丈夫かなと思っていたら、深夜の0時頃から3時頃までは強風が吹き荒れ、マンションと言えども本当に怖い思いをした。バルコニーのグリーンカーテン用の棚を取り外しておけばよかったのに、昼から夕方までの静けさで甘く見てしまったことに反省。それと前回の台風も予報ほど大きくなくて、気象庁の過大な予報かなとも思っていたが、さにあらず。風は都心でも39メートル、八王子では40メートルの暴風が吹いたというので、世田谷でも同じくらいの風だったと思う。
窓ガラスがガタガタと音を立てて揺れ、窓が割れるんじゃないかと真剣に怖かった。朝、畑に行ってみると、やっぱり、ほぼ全滅。ナスの木は強風にいじめられて、枝が折れ、葉はみんな枯れてしまい、付いている実もしなびた状態。ブロッコリーは根本から吹き飛ばされ、キャベツも大根も同様。果たしてこのまま育ってくれるのかどうか。

2018-10-01 | Posted in Tokyo FarmNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment