カレーの本「カレーノート」でました。

東京にあるカレー屋さんを食べ尽くす、そんなカレー屋さんの紹介本、カレーノートがでました。
この5年間の間に食べ歩いたカレー屋さん、90店が1ページづつきれいに紹介されている。
対抗の1ページは読者が記入できるようにノートとして明けてあるので、カレーノートという。

著者は、都内でデザイナーとして会社員をしている20代の普通の女性。
子供の頃からカレーが好きで、携帯やスマホで写真を撮り続け、それをノート代わりにしてたのを、ようやく1冊にまとめて自費出版したいという、筋金入りのカレーマニアだ。
自費出版のため、書店販売やアマゾンで販売することもないが、300冊を何とか口コミで完売できればと言う。
女性のバッグにも入りやすい新書サイズで約200ページ。軽量の用紙を使用しているので、普段持ち歩きやすいように配慮している。
東京のカレー屋さんがメインだが、番外編で旅先の広島や何と本場、タイのお店まで紹介されている。もちろんどのお店も自らが自腹でカレーを食べ、モノクロームの写真1点と程よい文字量のコラムでまとめられている。
カレー好きにはもちろん、カフェやグルメ好きな方にもお勧めの1冊。300冊限定なので、お早めに問い合わせを。

渋谷のShibuya Publishing Book Sellersでは、現在店頭平積みのイチオシ中で販売中。500円に消費税です。

IMG_1759

IMG_1762

IMG_1761

IMG_1758

詳しくはMESSのサイトへ。

通販サイトはこちらから。

 

2014-07-17 | Posted in Tokyo CultureNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment