やってしまった、テニスで肉離れ。

Tokyo Style

やってしまいました。
これだけはやっちゃいけないと気をつけていたのに、あっという間にやっちゃいました。

毎週水曜日の夜のクラスを、翌日・連休前の木曜日の夜にスライド。
連休前ということもあるせいか、空いていて人数が少ない。
なので、ウォームアップから休む間もなく、ショートストローク、ボレー、フォア&バックと続いた。
気温が下がってきたせいもあるので、汗がなかなかでなくなるこのシーズンが一番気をつけないといけない、そんなことをちょうどこの日に寄ったテニスショップNOBUのノブさんに言われたばかり。
コーチから前進、後進の球出しをしてもらう番になって、2回目。ちょっと深目の珠が出たので、切り返しをして下がろうとしたら、右足のふくらはぎ激痛が走り、そのままダウン。

今まで捻挫は何度も経験があるけど、肉離れは初めて。ふくらはぎのあるポイントだけ痛く、歩こうとすると、あるポイントだけ痛い。断裂はしていないけど、断裂前って感じ。そのままテニスは辞めて、タクシーを呼んでもらって帰宅。
温めてはダメということを昨年のスキーで右肩を打撲した時に学んだので、できるだけ冷やして睡眠。
翌日から3連休なので、病院は休業。そこで、よく4日の土曜日、ネットで調べて祝日でも外来を診てくれる整形外科を西新宿で見つけて、電話予約したのが3:30分。
美人の先生が診るなり、あ〜、肉離れの2.5くらいですね、って。筋肉がへこんでいる、うっ血していると言うけど、私にはそれが分からない。3だと断裂なので、その手前くらいだから重症だという。湿布を貼って、筋肉痛の痛み止め薬をもらい、念のため松葉杖を貸してもらった。あとは静養するだけだという。

ま、どうすることもできないので、3連休は静かに静養と決め込んだけど、先週までの毎週末雨の天気もウソのように秋晴れとなり、羨ましい連休でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました