パサートからA3へ乗り換え。

クルマ変えました。
そろそろ冬用のタイヤに変えなくては、それにノーマルタイヤもそろそろ限界かな、などと思っていたら、なんとパサートが12月で車検だと思い出し、これはちょっと出費が重なりそうだと焦り始めたのが月曜日。
月曜日の夜にはひと山越えたので、小春日和の火曜日にクルマ屋さんへ。

まず最初に有明のアウディ中古車センター。
あるあるたくさんのアウディが。
ここで提案されたのは10,000km走ったデモカーのA3。300万。でも、下取りはしないからパサートは自分で処分してきて欲しいとのこと。
これで脱落。

次に六本木のVWへ。
パサートは大きすぎて運転しにくいとかみさんが乗らなくなってしまったので、選択肢はA3かゴルフ。
で、ゴルフのハイラインとコンフォートラインに試乗。これがつまらないクルマ。カローラそのもの。
でもトータルバランスは最高に優れていて、最新のセーフティ機能も充実している。
もちろんパサートの下取りもしてくれるし、残債も丸ごと飲み込んでくれるというなかなかの提案。
但し、冬用タイヤは自分で処分することと、新しい冬用タイヤは別計算で購入してほしいとのこと。
ここは考えどころ。

さらに世田谷のVW中古車センター。
当然だけど中古車センターなので、値引き幅は少なく、あまり魅力的なプランはない。
それよりも新車の方がいいようなトークもあったので、諦め。

翌日世田谷のアウディへ。
茅ヶ崎からの帰り、第三京浜を降りて、まあ、ついでに世田谷のVWへ寄ろうと思ったが、なぜかアウディへ。
まったくの飛び込みでこちらの要望をすべて伝えて、ちょっと出かけてからまた戻り、提案を聞くと、これがなかなか魅力的。
下取り、冬用タイヤの処分、新しい冬用タイヤの提案、さらにドライブレコーダーもセットアップ。
実は毎日自転車にヒヤヒヤしているので、ドライブレコーダーを買おうと思っていたものの、自分でセットアップするのも面倒だし、きれいに配線できないしと、買いそびれていたところ。これは他社は提案してくれなかったポイント。
さらに最近の任意保険の内容まで知らなかったことを教えてくれ、こちらの条件にほぼマッチした提案をいただき、即決で契約。

ということで、パサートからアウディA3へ乗り換えることになりました。
ダウンサイジングです。
ほとんど一人で乗っているので、たしかに都内ではデカイ。
かみさんが乗らなく(運転しなく)なってしまったので、ボディサイズを小さくしたかった。
パサートの燃費はすごくよかったけど、基本的には1.4リットルのTSIエンジンなので同じ。
車体重量が軽くなれば燃費もよくなるだろう。
惜しいのはボディカラーが白と黒しかなく、パサートが白だったので黒にしたけど、汚れが目立つかな。
それと、エンジンスタートがキー。今さら古いかな。
パッシブセーフティ機能は付かず、カメラやセンサーも付かないのは問題なし。
私にはいらないNAVIがセットアップされているのは、ま、しょうがない。
ゴルフのハイラインだとセーフティ機能が付いて、17インチ。スタートボタン。と最新モデルだけあってスマートさはある。
でも、一番の乗り心地に魅力を感じなかったのが決定的。いいクルマなんだろうけど、面白くない。それがすべてかな。
12月半ばには納車予定です。
これからはモデル末期のアウディA3レポートになります。

2016-11-25 | Posted in Passart VariantNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment