Tokyo Culture

永遠の恋人、イングリッド・バーグマン。

恋多き女。
そんな形容詞が付いていたなんて知らなかった。
ロバート・キャパまで出てくるとは知らなかった。
亡くなったのが1982年だったか、戦争時代の映画のスターなので、現役時代はもちろん知らない。
好きだったのは「カサブランカ」と「ガス燈」。いずれも1940年代の映画だ。
東急文化村のル・シネマで上映中だと言うので、観に行ったら、年配のカップルばかりだった。もちろん自分もその中のひとりなんだけど。
img_7550
img_7559
img_7557

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です