かたずけが進まない。

1990年代、年に4回くらいパリへ取材に行ってた頃のオリジナルプリントが出てきた。パリ在住のイギリス人カメラマンと一緒に様々な人の取材をするのが楽しかった。手の写真は建築家、フィリップ・スタルク氏のもの。パリのラボでプリントしてもらい、それを持ち帰った時の印画紙の袋がまだしまってありました。

2018-12-30 | Posted in AD WorkNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment