秋なのに、鰆(さわら)という魚。

Tokyo Gourumet

日本の漢字はよくその意味を表している。
魚編の漢字はとても多く、昔のお寿司屋さんにはこの魚編の漢字がぎっしりと並んでいた。
ほとんど読めないけど、魚に春と書いて鰆(さわら)は読めた。
当然ながら、春の魚だと思っていたら、最近、渋谷の事務所近くにある和食屋さん「食幹」のランチで鰆が出てくる。
聞くと、最近豊漁で市場にもたくさん上がっているらしい。
海流の水温が上昇しているため、鰆がこの海流に乗ってやってくるらしい。
9月に入れば秋刀魚の季節なので、秋刀魚が食べたいと思って行ったのに、春の魚が出てきて驚きました。
いや、お料理はいつも美味しいです。念のため。

コメント

タイトルとURLをコピーしました