一夜限りのブックバー、ありがとうございました。

DSCF1929+

我々の挑戦。
年明けとともに1冊の写真集「小川義文写真集MOMENT OF TRUTH」の出版に取り組み、この1ヶ月で様々なことを経験してきました。
書店への直取引の営業活動やAmazonでの販売など、本来は取次店や書店さんが行ってくれることを敢えて自分たちでやってみようと試みながらの経験でした。このあたりのことはまた改めて詳細をレポートします。

フェイスブックでイベント告知。
そして、フェイスブックでイベント告知をして実際に読者の方との交流の場を作ってみようというアイデアを、昨夜、月末最後の1月31日に行いました。
乃木坂のイタリアン・レストランバー「ヴィラージュ」で、先着申込30名様ということで1月7日に告知をしたところ、およそ3時間で目標定員の30名様を超えてしまい、「うわっ、どうすればいいんだ!」と焦りながら満員御礼の告知をしたり、でも本当に来てくれるのだろうか、「未定」をクリックした方はどうなんだろうか、などなどその後の3週間の間に個別にみなさまと連絡をとりながら準備を進めてきました。

久しぶりにイベントの現場感覚で。
もちろん、その間にもいろいろなこともありましたが、仕事じゃないし、ま、楽しくやろうよという思いでスタートしました。が、そうそうたる顔ぶれのみなさんが集まるし、会費も写真集付きで8,100円とちょっと高めなので、おもてなし的にも失礼があってはまずいし、「楽しかったよ」と言っていただける会にしたいという3人の思いが強まり、1月11日にインターFMのレイジーサンデーに出演させていただた時のナビゲーターのお二人、ジョージと麻耶さんに急遽進行役をお願いしたり、抽選でもいいのでプレゼントを用意しようとか、事前にお料理の味見もしようとレストランに集まったり、と結構真面目に進行台本や名札を用意したりと、久しぶりにイベントの現場感を楽しみながらの準備でした。

盛り上がったじゃんけん大会。
午後6時から会は始まり、小川さんとジョージ、麻耶さんのトークでスタート。ゲストからの小川さんとの思い出話や、ウラ話など。そして色校正紙の額装を3名様、B全のインクジェット出力ポスターを2名様にじゃんけん大会でプレゼント。やっぱりこれはみなさんと一緒に盛り上がりました。

つながる場の楽しさ。
お集まりいただいたみなさんは、小川さんがフェイスブックでお友達付き合いをさせていただいているみなさんで、冒険家、ジャーナリスト、カメラマン、代理店マン、クリエイター、作家、大手企業の偉い方などなどのみなさんで、お互いにも交流の機会を提供できてよかったと実感した夜になりました。
フェイスブックはネット上でのコミュニケーションですが、やっぱり実際に会ってみる、会話を交わしてみる、お互いに理解をする、そんなつながる場の臨場感やエネルギー、笑顔などはとても楽しいものがありました。必ず第2回目も企画して、実現したいと強く思いました。

DSCF1914

DSCF1964

DSCF1990

2015-02-01 | Posted in Tokyo StyleNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment