アナログプレーヤー、ついに復活。

昔のLPレコードを聴くために、友人の笹川さからいただいたビクターのレコードプレーヤー。
ようやく昨日、ナガオカのレコード針が届いたので、さっそくレコードを試聴。
古いレコードなので、カビも生えているし、誇りだらけだし、相当湿気も染み込んでいるので、ノイズがちょっと多かったけど、30センチウーハーの3ウェイスピーカーから懐かしい音が再現できました。

ターンテーブルを回して、そっとレコード針を下ろして、しばらくプチプチとノイズがはいってからメロディが始まる。
この間が何とも言えないワクワク感だったことを思い出します。間違ってちょっと内側の溝に針を落としてしまうと、いきなりメロディがどんと出てくる、そんな失敗もまた楽しいし、プレーヤーのそばで何か重いものでも動かそうものなら、針が飛んでしまう、そんなアクシデントもすべてが懐かしく、片面があっという間に終わってしまいます。
そういえば、裏面があることすら懐かしくて、いちいち裏返すのか、とその手間も音楽を積極的に聴くための儀式のようにも思えてきます。

しばらく懐かしい懐メロ板シリーズになりそうです。

IMG_2573

 

2014-09-11 | Posted in Tokyo NiceNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment