アナログオーディオ、ようやく完成!

八ヶ岳に住む友人から、知り合いの別荘がリフォームするのに、古いステレオのセットを処分するけど欲しい?と連絡をもらって、フルセットでいただいたダイアトーンのステレオセット。
長野県は電気の周波数が60Hzなので、残念ながらプレーヤーは回転数が合わなくて使えず。ベルトドライブのベルトも新品を探して交換した上、トーンアームも錆びもなくきれいなので、とても残念。
事務所の大家さんからはソニーのオープンリールテープレコーダーをいただき、これはこれから時間をかけてバフで磨いてきれいに再生しようとたくらむ。
そしたら友人の笹川さんが使わないレコードプレーヤーが1台あるからといただいたのが、ビクターのダイレクトドライブ。
中古屋さんで見つけたデンオン(正しくはデノンと呼ぶらしいが、我々世代は昔からデンオンと呼んでいた)のCDプレイヤーも最近はトレーがちゃんと作動するのでご機嫌よろしい。

というわけで、レコードもCDももちろんFMも毎日30cmウーハーを積んだチーク材でしっかり作られた3ウェイスピーカーで聴きながら過ごせる環境になった。
もちろんスピーカーも大きいし重いし、アンプやチューナーも大きくて邪魔になるくらいだけど、その存在感がなかなかいい。

ちょっとホコリとカビの生えたビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビーを、ノイズと一緒に聴きながら、ブログも書いています。
次は、レコード針探しかな。

IMG_2325

IMG_2322

IMG_2321

追記(2014年9月1日)
オープンリールデッキ保全第三課というとても優れたブログを発見しました。こちらのブログを参考にこつこつきれいにしていきたいと思います。

2014-08-28 | Posted in Tokyo NiceNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment