ビールからシードルへ。

今日の夕刊。
トップ面に友人のワイナリーが紹介されていた。
長野県松川町にあるワイナリー「信州まし野ワイン」の竹村くん。
もともと長野県はりんごの産地だったが、生産者も高齢化して事業の存続も大変。
りんごジュースなどの加工品を作るのも大変なので、振興ワイナリーが期待されているという記事。
同じ信州のワイナリー「リュー・ド・ヴァン」でもまだぶどう畑が今ほど広くなかった頃から、りんごのシードルを醸造していた。それと同じで、今では長野県内のあちこちのワイナリーで同じようにりんごのシードルが醸造されている。それが、結構人気で売れているという。結構なことです。

たまたま同じ新聞の経済面に、ビール系飲料が売れないという記事も掲載されていて、時代はビールからシードルへ、そんな流れのようです。


2018-01-16 | Posted in Out of TokyoNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment